幼児教室の情報が満載!

幼児教室に通う時期別のメリット:2歳の成長の特徴と幼児教室で学べること

幼児教室に通う時期別のメリット:2歳の成長の特徴と幼児教室で学べること どの時期に子供に習い事をやらせるべきか悩んでいる親御さんは、2歳ぐらいのうちから習い事をやらせておくと、情操教育の効果も短期間で実感できます。
他人の言葉を理解できるほど成長しているタイミングなので、他人の話を集中的に聞けるように情操教育などを続けておくことで、勉強を愛する子供に育つのが2歳のお子さんを幼児教室に通わせる利点です。
目についたものに手を伸ばしやすい年ごろだからこそ、勉強も面倒臭がらずに続けてくれます。
集団行動を通じて協調性を身につけられて、社会性を学べる習い事をやらせたい親御さんにもぴったりです。
かんしゃくを起こさないように情操教育を続けることによって、優しい子供に育ってくれたと多くの親御さんが喜んでいます。
幼児教室は子供の年齢に合わせてカリキュラムを調整してくれるので、いきなり難しいことを教えられてお子さんが混乱することにもならず、子供の好みに合わせて指導のスタイルを変えるのも魅力です。

疑問が増える3歳の時期は幼児教室で好奇心を引出そう

疑問が増える3歳の時期は幼児教室で好奇心を引出そう 3歳は子どもの好奇心が大きくなる時といえます。
それ以前にはイヤイヤ期と呼ばれる時期がありますが、それが落ち着いて語彙力も段々増えていきます。
言葉で表現することが多くなりますし、疑問に思うことも多くなります。
親が子どもから質問攻めにあうことも珍しくありません。
この頃には脳が大きく発達するので、身近な物事に対してどんどん興味が湧いてきます。
そのため幼児教室では、子どもの好奇心を引き出し思考力を高める取り組みを行います。
子どもが感じた疑問に対してただ答えを与えるだけではなく、心に寄り添いながら自分で考える力を育んでいくのです。
知的好奇心を養うことは、将来の勉強に対する姿勢にも影響します。
どんなことでも疑問を持ち、それを探究したいという気持ちが向上心につながっていきます。
新しいことを知ったり調べたりすることを楽しいと思うことが、学習に積極的に取り組む意欲になるからです。
幼児教室では、子どもの目線に立って自分で考える力を養うことを大切にします。

新着情報

◎2021/5/27

勉強が好きな子どもになる
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

幼児教室に通う時期別のメリット
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児 歳」
に関連するツイート
Twitter

米国でファイザーワクチンの5-11の有効性が治験で確認されたから、日本でも幼児に打つ流れができるだろうね。さすがに、世の中の大半の親は、我が子に接種するような愚行は犯さないと信じたいけど、まあ、打つ親が出るんだろうね。子供は自然感染させた方がよほどマシなのに。子は親を選べない悲劇。

「赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア」(著者:白川美也子先生)の中で、“2幼児がマルチーズに噛まれたとします”という例え話があります。 ⇒すみません、マルチーズは人に噛みつくことはなく、めっちゃ人懐っこいワンちゃんです(笑)

楽しい話なら10 真面目な話なら50くらいですかね🤔 つまり、普段は幼児で時々長老になります(^q^)

基礎疾患のない子供で1未満の子供にもCOVID-19に感染するリスクがあり、また、感染すると、肺に重篤な症状や感染症が発生する可能性が高くなる。 ただし感染したすべての幼児が重篤な症状を示すわけではない。 各年齢層の割合で、幼児は、年長の子供より肺炎を発症する可能性が高めだという事です

はてなブログに投稿しました