幼児教室に通う時期別のメリット

幼児教室に通う時期別のメリット

幼児教室に通う時期別のメリット 4歳は幼稚園年少に該当する年齢で、排せつのタイミングが完全に分かるようになったり、衣類の着脱もお子さま自身でできるようになり、少しずつママもお世話が楽になっていきます。また、決められたルールや役割を守るようになり、お友達と協力し合って遊ぶことができるようになっていきます。
言葉の習得も格段に進み、お子さま自身が思っている気持ちや体験したことを言葉で自由に話せるようになります。この貴重な時期に、幼児教室で多くの人と会話することや、お話を聞いてもらえる喜びの経験をたくさん積み上げることにより、自分自身を表見することの楽しさを学ぶことができます。
学習面でも1から10程度の簡単な数の増減やお絵描きなどの制作も上達する時期なので、幼児教室を通じて知ることの喜びを感じながらしっかりとした学習の基本中の基本を学ぶことが重要です。
自己と他者の気持ちの違いなどをこれから学ぶ年齢なので、集団になかなかなじめなかったりお友達とうまくかかわりにくいこともある年齢ですが、まず自分の気持ちを大切にすることで、だんだん人の気持ちを大切にできるよう学習していきます。

詰め込み教育の全肯定は時期尚早

詰め込み教育の全肯定は時期尚早 子どもの発達は人それぞれ違いますし、体の発達も人によって全く違います。この年齢の子どもはこうだからこれくらいできないとおかしいということは一概に言えないですし、言ってはいけないわけです。幼児教室の中には0歳児からみっちりと教育を仕込むのを方針としているところもあるようですが、それがすべてのお子さんの発達にいい効果をもたらすとは言い切れません。
大人がこうしたらいいという考え以上に、お子さんの発達段階と実際の発達の様子を見ながらできることをしていくのが一番望ましいというのが昨今保育や教育に携わる人たちの間からは言われています。5歳くらいの時期は発達段階としては、コミュニケーションがこれまで以上にできるようになる年頃だと言われています。幼稚園や保育園でお友達とコミュニケーションを取ったり、文字に興味を持ち始めるのもこの時期です。幼児教室に通わせるのであれば、お子さんの言語能力を伸ばしてくれるような教室、またお子さんが自分から興味を持ったことを伸ばしてくれるようなところに通わせてあげると、お子さんにとっても無理なく通うことができると思います。

新着情報

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児 教室」
に関連するツイート
Twitter

よくある質問@堺市 堺区 戎島一二三会館 堺駅から徒歩6分の英会話教室

第3回 家庭でできる幼児教育 – 0歳からの幼児教育なら[幼児教室コペル]

返信先:天才じゃないんやで🤣ただわい、ミキハウス大好きだからミキハウスがやってる幼児教室に通わせたい!って思い通っていただいているだけなんや…わいのミキハウスおたくに巻き込まれている可哀想なマシュマロやで…。ごめんやで…

娘の幼児教室で同じ保育園の男の子が入ってきて娘さんちゃんと座ってられて凄いですねーと言って下さるのだが娘は5月生まれ女の子にしてはお利口な方ではないし上の超暴れん坊兄と比べたらお宅の坊ちゃん数百倍お利口なんだけどそういう言い方も失礼だしコミュ障困るわ 1歳男の子で座れるだけ神(持論

返信先:幼児教室み!!!成る程!いつも適当に着ていくから考えてなかった!幼児教室みある左のジャンスカで行くんご😚有難うんご〜