幼児教室の情報が満載!

幼児教室に通う時期別のメリット:0歳の成長の特徴と幼児教室で学べること

幼児教室に通う時期別のメリット:0歳の成長の特徴と幼児教室で学べること 幼児教室は、年齢に応じた子どもの成長に多くの影響と可能性をもたらします。
対象年齢は0歳から小学校就学前までですが、通う時期によって得られるメリットが異なるのがポイントです。
早期の働きかけは、心身ともに健康な成長へとつながります。
新生児期や乳幼児期は、身体の反射や見る・聞くなどの感覚、首がすわる、ハイハイをする、つかまり立ちをして歩き始めるなど身体の発達が急速におこなわれる時期です。
脳が発達することによって身体のコントロールが上手になり、行動範囲が広がります。
脳と身体が急速に成長する0歳期は、幼児教室では発達段階に応じた教材を使って有意義な刺激を与えて赤ちゃんの知力を伸ばしていきます。
感性を育てる音の刺激、バランス良く遊べるおもちゃや絵本などが揃っており、赤ちゃんに安心感を与えるスキンシップの取り方が学べるのが魅力です。
月齢に対応して、筋肉や骨の成長、消化や循環を活発にする体操、フラッシュカード等を使った知育遊びや感覚遊びなどをおこない、楽しみながら子どもの能力を引き出します。

幼児教室で1歳の時期に学べることとは一体?

幼児教室で1歳の時期に学べることとは一体? 三つ子の魂百までということわざが示している通り、小さいうちに学んだり吸収したことは一生忘れず身につく、といわれています。
そのためまだ首がすわっていない子ややっと歩けるようになった1歳の子でも、高い月謝を払って幼児教室に通わせているご家庭が多くあります。
では、幼児教室で1歳の時期に学べることとはどんなことでしょうか?とてもたくさんありますが、一つは言葉の発達が早くなるということです。
幼児教室で小さな子供たちを教えるのは、訓練を受けた先生や幼児教育に詳しい先生たちです。
そのような先生から絵を使って楽しく学ぶことで、字がまだ読めない子供でも周りのことをどんどんと吸収して言語能力が活発になっていくのです。
学べる別のことは、親自身が子どもとのかかわり方を教わることが出来るということです。
幼い時期というのはあっという間に過ぎていきますので、ぜひこの大切な時を逃すことなく子どもの才能を伸ばしてあげましょう。

新着情報

◎2021/5/27

勉強が好きな子どもになる
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

幼児教室に通う時期別のメリット
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「幼児 時期」
に関連するツイート
Twitter

幼児時期の「何度でもしつこく繰り返す遊び」に飽きるまで付き合って貰った経験とほったらかしにされたり怒られたりばかりの人間では大人になってからの他人への信頼感とか、不安感の大きさに違いが出て来るのではないかな?

基本的なところで、子どもたちがどんな人格の人間になるかということを、ほぼ決定するのが乳幼児期なのです。そういう時期の子どもの育児にたずさわっているという自覚をもつことが、保育者や幼児教育者には必要なことでしょう。

返信先:Na_nちゃん𓂃 𓈒𓏸 先週、延びてた9ヶ月健診だったんだけど 歩いてる子もいたよー! もう個人差出てきてる時期みたいだね🥰 10キロは大きいね🥺 大きい方が安心感あるよ✨ そうなのー💦 赤ちゃんから幼児になってきちゃったよね😭 成長は嬉しいけど寂しい…

返信先:この時期は投げ釣りしてると透けて向こう側が見えそうな位の幼児がよく掛かりますwww

赤ちゃんや昼寝が必要な時期幼児が居る親は選挙カー憎いよね…わかる。 何度キレそうになったか…